過払いの相談
メインメニュー  トップページ ご利用案内 お問い合わせ 会社概要 自己破産
お問い合わせ


和解契約とは債務者と債権者、両者が合意をして交わされる契約です。

特定調停においては、和解調停とも呼ばれるものです。

和解調停での書類に記載されてあるものは、裁判所で決定したということもあり、法的な効力があります。そのため、3年なり5年の支払い計画の中で、もし支払いが滞ってしまった場合に、債権者は債務者の給与を渡される前に差押えることも法的に可能になる場合があるということです。これは和解調停の中に記載されてあることであれば十分に可能性のあることだと言えます。

 

そのため、任意整理での和解契約書には差押さえができないように作成していきます。これにより、もし支払いが滞っても給与の心配はなくなるということになります。

 

しかし、任意整理にせよ、特定調停にせよ、再度立て直した返済計画の中で、また支払いが滞るということは絶対に避けるべきことではないでしょうか。
















過払いについて

■過払いについて

任意整理手続き
誰が行えるのか
過払い金返還手続き@
過払い金返還手続きA
グレーゾーン金利・灰色金利
クレジット会社などは・・・
改正された点

特定調停手続きとの違い
任意整理による和解契約
遅延損害金のカット
過払い金の回収も可能
面談による方針決定
定期的な収入がある
確定した債務額を3年を目安に
委任契約の締結
各債権者への受任通知発送
自己破産や特定調整

取引履歴開示
取引履歴開示の個別事情


■取引履歴による債務額確定

残債務元本の確定
開示される取引履歴


■返済開始

和解成立後の返済方法
事務所で返済管理を行う場合
依頼者の方が返済を行う場合

返済終了


■よくあるご質問

Q&A1
Q&A2
Q&A3
Q&A4
Q&A5
Q&A6
Q&A7
Q&A8
Q&A9
Q&A10

サイトマップ



リンク