過払いの相談
メインメニュー  トップページ ご利用案内 お問い合わせ 会社概要 自己破産
お問い合わせ


任意整理の以外に、債務整理には、民事再生、自己破産、特定調停の3つがあります。

 

これらを個人で行うことで、法的に取立を規制することが可能になります。

申し立てを行い、申し立ての書類作成、その他の書類作成等、手間と時間がかかり、その期間中は取立が続く可能性はありますが、それらを全て受理されれば、取立を規制することが可能になります。























過払いについて

■過払いについて

任意整理手続き
誰が行えるのか
過払い金返還手続き@
過払い金返還手続きA
グレーゾーン金利・灰色金利
クレジット会社などは・・・
改正された点

特定調停手続きとの違い
任意整理による和解契約
遅延損害金のカット
過払い金の回収も可能
面談による方針決定
定期的な収入がある
確定した債務額を3年を目安に
委任契約の締結
各債権者への受任通知発送
自己破産や特定調整

取引履歴開示
取引履歴開示の個別事情


■取引履歴による債務額確定

残債務元本の確定
開示される取引履歴


■返済開始

和解成立後の返済方法
事務所で返済管理を行う場合
依頼者の方が返済を行う場合

返済終了


■よくあるご質問

Q&A1
Q&A2
Q&A3
Q&A4
Q&A5
Q&A6
Q&A7
Q&A8
Q&A9
Q&A10

サイトマップ



リンク